先輩、居眠りは遠慮してください…

看護師の仕事は不規則な生活になってしまいますので仕事中に眠くなってしまうようなことはとてもたくさんあるのですが、私が働いてる職場の先輩が頻繁に仕事中に居眠りをしてしまうんです。もちろん居眠りをしていると声をかけて起こすのですが、起こしてもすぐ居眠りをしてしまい、ナースコールなどがあっま時にも寝ぼけた状態で病室に飛び込んでしまったりする事があり、少し困っています。

居眠りさえしなければすごく良い先輩で、患者さんからの信頼も厚いし、医師からも信頼されているのですが、仕事中に居眠りをされてしまうと、カルテの引継ぎ等をするにも話が通じておらず困ることもあるし、患者さんの様子を聞くにもしっかりと話がかみ合っていないなんていうことがあり、何とか居眠りをしないようにできるだけ話しかけたり、といった工夫をしているのですが、やっぱり疲れてるときには居眠りをしてしまいます。私の立場で先輩を強く怒るわけにもいかないし、少しでも睡眠をとって仕事中は居眠りしないようにしてもらいたいものですね。もちろんその分私たちが頑張っていかなくてはならないのですが、やっぱり先輩として居眠りをするなどというのは良くないことだし、後輩が出来た時に私は絶対にしないようにと思っています。

先輩後輩関係なく注意したことが方が良いこともある。

仕事中に居眠りをするなどというのは年齢や先輩後輩でいて確かに関係なく、言語道断な行動ですから、はっきりと注意して良いと思います。はっきりと注意してしまい雰囲気が悪くなったりすることが怖ければ婦長に相談して婦長から注意してもらうようにすると良いでしょう。その場合にはあなた自身は一切先輩には注意をしたりしないほうが良いですね。万が一婦長からも注意され、あなたからも注意されるということになると、婦長に告げ口をしたのはあなたかもしれないと疑われてしまい更にギクシャクしてしまうような可能性があるので注意が必要です。

確かに看護師の仕事は交代制の勤務だったり、夜勤が続いたりすると寝不足が続いてしまうので仕事中に眠くなってしまうこともありますが、だからといって居眠りをして良いという理由にはなりませんよね。常に患者さんの様子をしっかりとチェックしたり、冷静に患者さんの実況の引継ぎをしなければならないときに居眠りをしていては仕事になりません。患者さんの命を預かっているわけですから、やはり後輩としてもこうした部分には、先輩に対してハッキリと注意してあげることが大切だと思いますよ。どうしても自分で注意できないようであれば、先ほども書いたように婦長に相談してみてはいかがでしょうか?間違いが起きる前に解決したほうが良い問題だと思います。